第五回公演稽古日誌

稽古日誌2021年2月28日 はしもとかいせい

⭕️

台本読み

アクショニングを修正しつつ、なぜそのセリフが出るのかを丁寧に考え直しながら読んだ。まだまだ甘くて、全然、まだまだいくらでも考えれることがある。

出張買取に行くときの衣装が、それっぽい制服と帽子あればよさそう。

高校のときに書いていた小説と、映画のコンペで出したシナリオを本当に自分で考えてノートに書き始めた。

本当に自分で考えて書いたら、香住に見られたときとかの恥じらいも本当に出るはず。実際、自分が考えたシナリオを劇団員に見せるのを考えても恥ずかしいし。

書き進めつつ、最後に金賞を取ることになる新作のシナリオも考えて、完成させる。

発声練習、ギター練習、リズム天国を少し進めて稽古場へ

⭕️アップ

ストレッチ→体幹

⭕️稽古

・マジカルバナナ

名前をシャッフルして、今までにない感覚だった。慣れが無くなれば難易度爆上がりするしどうなるか予想ができなくておもしろさも倍増する。

頭がしんどくなるくらいだった。

慣れを無くすことの重要性、おもしろさを改めて実感。

・シーン稽古

全体の目的が、自分の心の動くものにできていない。「グッモーエビアン」からヒントを得て持ってきているが、映画の見方が甘いことを改めて実感。

客観的に観すぎているから、登場人物の目的の探り方もお客さん目線でしか観れていない。俳優として観れるようになりたい。

もっと違う視点から、全体の目的を練り直し。

親の愛?→光になっちゃう。視点を変える

なおすみさんとのシーンでそういさんに指摘を受けて、自分でも衝撃的なくらい前の役を引きずっているし、なおすみさんを明として見てしまっていることに気づいた。

無意識にやってしまっていたことを認識すると、もうそれにしかならなくなった。

今までになかった感覚で、前回の役が残ってしまうほどまで出来たという面ではプラスではあるが、今回の作品を作る上では大きな問題。0から始める工夫が必要。

・前の役を引きずっているという状態に気づく

・今までにないコンテクストを獲得する

・今まで知らなかった自分の1面に気づく

の3つが解決策。気づくというのは今日できた。

他の2点について、明日のリフレッシュで新鮮な物得てこようと思う。

そしてとりあえず髪色を変えて容姿の面から変えてみる。

そして視点を変えて全体の目的、アクショニングを練り直す。

⭕️備忘録

前の役を引きずっているとき

・前の役を引きずっているという状態に気づく

・今までにないコンテクストを獲得する

・今まで知らなかった自分の1面に気づく

の3つが解決策。

作品を見るときは客観的に観るんじゃなくて俳優の立場から。

自分は観る側じゃなくて提供する側