橋本海世

橋本海世

●略歴
幼稚園の年少からずっとサッカー少年。
中学生の頃には大阪市選抜も経験。
勉強にも熱心に取り組み、地域トップの公立高校、国立大学へと進学。
大学3回生の頃に就職活動をしていて、このまま好きなことや興味のあることに挑戦しないまま社会に出るのはもったいないし後悔しそうだと思い、養成所のオーディションを受けに行ったのがきっかけで俳優を始める。
大学を休学して上京するつもりだったが、新型コロナウイルスの影響で見送り、大阪で劇団を探して巡りあったのが劇団天文座。
2020年9月1日に入団して今に至り、現在22歳。

●人物
・サッカー、漫画は小さい頃から大好きで生活の一部のようなもの。
毎朝サッカーニュースを見て、気になる試合のハイライトを観るのが日課。
食べ物ではラーメンが好きで、特にニンニクが効いたラーメンが大好き。店で言うと麺屋わっしょい。

・漫画ではナルト、ワンピース、バクマン。、キングダム、進撃の巨人、るろうに剣心が特に好き。
映画では「グレイテスト・ショーマン」に感激して、こんなのやりたいなあと思った。それでザック・エフロンにハマって「ハイスクールミュージカル」全シリーズ観た。
漫画の実写版も好きで、キングダムやるろうに剣心、バクマン。の実写版はもう大好き。

・好きな俳優
堤真一、鈴木亮平、吉沢亮、ザック・エフロン
堤真一は「土竜の唄」、吉沢亮は「キングダム」、ザック・エフロンは「グレイテスト・ショーマン」や「ハイスクールミュージカル」を観て好きになった。
鈴木亮平は、ドラマ「テセウスの船」で好きになったのと、経歴が自分と近いとまではいかないが、共通する部分はあって勇気をもらった。

・今までやってきたこと
本当にごく普通の青年。
小さい頃からサッカーをして、大学では飲食店や塾講師、コンビニのアルバイトをした。
21歳の頃に友人とスペイン旅行に行って、FCバルセロナの試合を生で観た。そのときにリオネル・メッシが目の前でハットトリックを達成するという幸運の持ち主

●出演舞台
2020/9/29
天文座旗揚げ公演「ここから、ここから」
星馬役で出演

2020/11/29
天文座第二回公演「繋がった空の果てに」
大地役で初の主演

2020/12/30
天文座第三回公演「今宵、語り別れ」
仁役で出演

2020/2/11~2/14
天文座第四回公演「2人、静かに、流れる」
光役で出演

2020/3/27~3/28
天文座第五回公演「バクは夢以外も喰う」
高橋英二役で2回目の主演で出演

橋本海世のインスタグラム
橋本海世のインスタグラム